Skip to content

水戸ホーリーホック エンブレムの意味と由来

本日は、J2リーグである水戸ホーリーホックのクラブエンブレムの意味と由来を紹介いただきます。水戸ホーリーホックにご興味がある方は是非ご覧ください。

hollyhock_emblem_320

水戸ホーリーホックは、日本の茨城県水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、小美玉市、茨城町、城里町、大洗町、東海村をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。クラブの名前である「ホーリーホック」は「ホーリーホック (HollyHock)」は英語で「葵(タチアオイ)」を意味し、水戸藩(水戸徳川家)の家紋の葵から採られました。

ホームスタジアムはケーズデンキスタジアム水戸(Ksスタ)。クラブエンブレムは水戸藩の家紋「三つ葉葵」の外周を「水戸黄門」こと2代目水戸藩主・徳川光圀の字「子龍」に由来する龍が囲む円形です。水戸ホーリーホックのマスコットである「ホーリーくん」も龍をモチーフにデザインしました。背番号は310(みと)です。

水戸ホーリーホック エンブレムの色基調は水色です。水戸ホーリーホック ユニフォームにも歴代で唯一、水色が使用されます。

クラ水戸ホーリーホックやJリーグの公式ホームページでは1994年をクラブの創設年と記載しております。エンブレムは創立年である「1994」を入りました。


Leave a Comment

デンマーク代表 エンブレムの意味と由来

20180111150238

サッカーデンマーク代表はデンマークサッカー協会(DBU)により編成されるデンマークのサッカーのナショナルチームです。デンマークサッカー協会は1889年で設立されました。サッカーデンマーク代表は北欧チームの傑出代表の一つとして、欧州選手権ではしばしばベスト4に入る活躍を見せましたが、最も注目されるのはUEFA EURO ’92での優勝です。2018 FIFAワールドカップは、2次予選でアイルランドに勝利し、2010年以来2大会ぶりの本大会出場を決めました。

デンマーク代表の協会エンブレムはデンマーク伝統の赤と白のコンビネーションをベースとしたデザインしました。丸い協会エンブレムの中は協会の設立時間である「1889」、デンマークサッカー協会のデンマーク語の「Dansk Boldspil-Union」を入りました。エンブレムの中央は協会の略称である「DBU」を配置しています。


Leave a Comment

FC岐阜 エンブレムの意味と由来

img01

FC岐阜は、日本の岐阜市を中心とする岐阜県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。クラブカラーは緑で、ホームユニフォームの色はいつもの緑を伝統な基調にデザインします。2017年から、FC岐阜 ユニフォームのサプライは「ニューバランス」に代わりました。ユニフォームスポンサーは、胸の「日本特殊陶業」、背中上部の「西濃運輸」、背中下部の「シーシーアイ」、パンツの「COPIN」が継続。袖は「岐阜市信長公450プロジェクト実行委員会」と新たに契約を結んでいます。

【エンブレム】
県花である「れんげ草」は、岐阜全土に自然発生的に根付いていければという思いから県花である「れんげ草」と、長良川をはじめとする岐阜の象徴である「木曽三川」をモチーフに、情熱(赤)、知性(青)、調和(緑)を表し、「選手」、「チームフロント」、「サポーター」が一丸となって歩んでいこうという意味合いでデザインされています。
また、岐阜を取り囲む山々や、岐阜城、飛騨高山など歴史的な土地柄など、取り入れながら岐阜らしさも表現しています。
「2002」という数字はチームの創設年となります。

FC岐阜のチームスローガンは「挑戦!Challenge!」。


Leave a Comment

新サムライブルー、JFAは日本代表 新エンブレムを変更!!

ネット上の情報によると、2018 サッカー日本代表 ホーム ユニフォームは11月6日頃で発表する予定となります。新シーズンユニフォームの発表する前に、日本サッカー協会は11月1日、日本代表の新しいエンブレムを公式に発表しました。

斬新の新しいエンブレムは従来の白地に赤のラインを背景に3本足の八咫烏(やたがらす)がボールをつかむ構図を踏襲しています。「JFPAN」はエンブレムの頭部で直接に示しています。「JFA」の位置も変更されました。よく見ると、英文字のフォントも変更しましたよ。

11月10日のブラジル戦(リール)から新しいユニフォームとこのエンブレムを採用します。この他、主催大会のロゴに統一感を持たせ、9地域、47都道府県協会のマークも日本協会と同一化しました。

動画はご参照まで。

 


Leave a Comment

ロアッソ熊本 エンブレムの意味と由来

20120115_496626

ロアッソ熊本は、日本の熊本県熊本市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。クラブカラーは赤で、ホームユニフォームの色はいつもの赤を伝統な基調にデザインする。ロアッソ熊本 ユニフォームのサプライヤーは2015年からのドイツの大手スポーツブランド「プーマ」(PUMA)。

チーム名のロアッソは、阿蘇山および「火の国熊本」からイタリア語で赤を意味する「ロッソ」(ROSSO)と、イタリア語で「唯一の」や「エース」を意味する「アッソ」(ASSOO)を組み合わせた造語である。エンブレムのデザインは暴れ馬と赤い盾。馬は選手・若者、盾はサポーターを表しており、盾の形は熊本県のマークからイメージしている。エンブレムやマスコット等のモチーフとなっている「馬」は熊本の伝統的な祭事などに関わる象徴的な動物。

2017年10月28日(土)では2017明治安田生命J2リーグ 第39節でロアッソ熊本と V・ファーレン長崎が対戦予定。ロアッソ熊本のチームスローガンは「光となれ!絆 180万馬力」。


Leave a Comment

サッカーイタリア代表のエンブレムを変更!

サッカーイタリア代表はイタリアサッカー連盟 (FIGC) によって編成されるイタリアのサッカーのナショナルチームです。愛称はアズーリ(“青”の意)です。サッカーイタリア代表 ユニフォームのサプライは「プーマ」です。2017年10月6日、「プーマ」とイタリアサッカー連盟 (FIGC)がイタリア代表 2018 ホーム ユニフォームを公式に発表しました。新ユニフォームの発表する前にFIGC(イタリアサッカー連盟)は、新しいエンブレムを発表しました。新エンブレムでは、FIFAワールドカップ優勝を表す4つの星が上部にきています。

17figcnewlogo

新しいロゴは、サッカーイタリア代表の過去の痕跡を追跡する同時に現代的なイメージを世界に提示するよう努めます。イタリアサッカー連盟 (FIGC) の1952年版のエンブレムのロゴ全体がインスピレーションを引き出すために、ゴールデンエレメントはイタリアのサッカーの強みと成功を強調しています。

もちろんイタリア代表 2018 ホーム ユニフォームのフロントは新エンブレムが入ります。では、新エンブレムつけのイタリア代表 ユニフォームをお持ち帰りたい方は「JFA Shop」へようこそ。

 


Leave a Comment

ブラジル代表 エンブレムの意味と由来

エンブレム

サッカーブラジル代表は、ブラジルサッカー連盟によって編成される男子サッカーのナショナルチームです。ブラジル代表は、2014年大会までのFIFAワールドカップにおいて、20大会全てに出場しており、単独最多となる5度の優勝経験を有する世界を代表するサッカー大国です。

クラブエンブレムのカラーはカナリア色(黄色)、青、緑、白で、これはブラジルの国旗から取られています。サッカーブラジル代表のエンブレムの基になっている騎士修道会の十字で、これは旧宗主国のサッカーポルトガル代表と共通です。騎士修道会は、十字軍時代に、聖地エルサレムの防衛とキリスト教巡礼者の保護・支援を目的として創設された中世のローマ・カトリックの修道会のことです。エンブレムの中心には「CBF」を配置します。「CBF」はブラジルサッカー連盟(Confederação Brasileira de Futebol)の略称です。エンブレム上の五つの星はブラジル代表が歴代ワールドカップで最多優勝(5回)を誇ることを象徴しています。

ブラジル代表ユニフォームのカラーも国旗から取られたイエローやグリーンです。詳しくはここをクリックしてください


Leave a Comment

横浜FC エンブレムの意味と由来

YOKOHAMAFC

横浜FC(よこはまエフシー、Yokohama FC)は、日本の神奈川県横浜市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

横浜FCは企業の資本に頼らない純市民参加型のサッカー・スポーツクラブ作りを目指すという観点で、クラブ運営の核となる任意組織「ソシオ・フリエスタ」を設立した。モデルはスペインのFCバルセロナとされている。同クラブも一般市民から集めた会費を基としてサッカークラブを中心とした様々なスポーツクラブ活動を展開してきた。

横浜FCも創設当初は市民から会員(ソシオ)を募集した。会員は会費をクラブに納める見返りとして、希望者への年間指定席の斡旋の他、試合会場や各種イベントでの運営アシスタント(ボランティア)への登録やクラブ上層部との意見交換会などに出席できる権利を得ることが出来た。


Leave a Comment

CAオサスナのエンブレムの意味と由来

7-140203003G6323

CAオサスナは、スペイン・ナバラ州の州都パンプローナに本拠地を置くサッカークラブで、2013-14シーズンはリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しています。

オサスナという単語はバスク語で健康という意味があり、丈夫という意味でも使っています。伝統的なCAオサスナ ユニフォームのホームはレッドのシャツ、ディープブルーパンツを採用し、黒いハイソックスを着用しています。それは火の熱意を現れています。アウェイのユニフォームはディープブルーで、パンツはオレンジで、ハイソックスはディープブルーを着用しています。

CAオサスナのエンブレムは中央でライオンというパンブローな市章からデザインしています。それを取り囲む鎖のモチーフは、スペインの国章と同じくナバラ王国を象徴しています。王冠もナバラ王国のものだが、設立当時はスペイン王国のものです。ただし1931年から1939年の第二共和制時代には王冠の無いエンブレムが使われました。赤と青の色は、設立当時に合併した2つのチームカラーとの説があります。最初のエンブレムには、背景にボールが配置されていたが、1931年に無くなりました。2000年に少し修正され、ライオンの背景が水色から白に変えられました。


Leave a Comment

スウェーデン代表 エンブレムの意味と由来

0160910163900

 

北欧チームの傑出代表として,ある半島堪半島から来たスウェーデンのチーム,ずっとヨーロッパサッカー界の1本の重要な力。スウェーデン代表サッカーチームは1904年に創立され、同年にはFIFA、北欧で最優秀サッカーチームとして参加している。スウェーデンは世界杯の経験が非常に豊富で,2006年ワールドカップまで,11回決勝週間の試合に昇級しました。

队徽を採用したのはスウェーデン経典の黄色と靑を組み合わせ,頂侧をかいたサッカーの標識,サッカーの週囲にアルファベットをめぐて、その意味はThe Swedish national team badge,そして下は四文字が印刷されSVFFはスウェーデンサッカー協会を代表しました。下の設計とスウェーデンの国旗が呼応し,スウェーデン国家チームがファンをイメージした印象が浮き彫りになりました。


Leave a Comment