Skip to content

月別: 2016年3月

ヴィッセル神戸 エンブレムの由来と意味

ヴィッセル神戸 エンブレム

ヴィッセル神戸のホームタウンは兵庫県の神戸市で、山と海に囲まれ、日本を代表する港町です。神戸ビーフは世界でも有名で、神戸は洋風文化に浸透し、異国情調が溢れる町となりました。ヴィッセル神戸はクラブ20周年を迎えた2015シーズンにより、「一致団結~One Team, One Family, One Dream」のスローガンが掲載しました。

ヴィッセル神戸のエンブレムは、神戸の六甲山をイメージしたシェイプの中に、伝統的なホワイトとブラックのストライプが新しいロゴタイプを融合させ、伝統と革新の融合と考えられます。これも夢と未来を向かって新たなスタートの象徴となります。

最中には「VISSEL」の「V」が大きくにして、また「VICTORY」の「V」をモチーフに、勝利を目指す希望を表します。

Leave a Comment

モンテディオ山形 エンブレムの意味と由来

モンテディオ山形 エンブレム

モンテディオ山形はヨーロッパ型のクラブを目指して、地域と住民に支えられるプロサッカークラブです。「山形の未来を切り拓こう」という理念で、地域の人々と一緒に夢を実現するとともに、選手とクラブの活動を通し、山形のイメージを全世界に伝えられます。

モンテディオ山形のエンブレムは楕円型で、レッド色の環形です。エンブレムバックの下地は蔵王の樹氷のホワイトをイメージします。最中には3つのボールがあります。ボールの上にはモンテディオ山形の英字「Montedio」と「YAMAGATA」が付きます。ベースカラーはブルーとイエローで、シャープの造形で、山のように鋭い感じです。ブルーのラインは最上川の流れをイメージします。

最中の3つのボールの意味は、チーム、サポーター、行政の力を結んでいる象徴です。枠としたの赤色の英字は、県の花のカラーをイメージしてデザインされ、サポーターの情熱と応援、そして期待が込められています。

Leave a Comment

アルビレックス新潟 エンブレムの意味

アルビレックス新潟 エンブレム

アルビレックス新潟アルビレックスにいがた、Albirex Niigata)のホーム タウンは日本の新潟県新潟市で、アルビレックス新潟は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チームカラーは青、オレンジとホワイトです。オレンジと青はチームの名前と関係があります。オレンジとブルーの二重量が「アルビレオ」で、新潟は白鳥がたくさんあります。白鳥のキャラクターを採用し、そして、オレンジは新潟の美しい夕日のイメージで、ブルーは日本海の美しさです。だからこの三色を採用します。

アルビレックス新潟のエンブレムは翼を張っている白鳥のイメージを採用し、オレンジの夕日で、そして、オレンジの星が上部に配置されます。下部には新潟の英字「ALBIREX NIIGATA」が記入されます。

アルビレックス新潟の名前は「アルビレ(アルビレオ)」+「レックス(ラテン語で”王”)」=「アルビレックス新潟」となりました。サッカーの王者になりたいという念願も名前に込めます。

Leave a Comment

川崎フロンターレ エンブレムの由来と意味

川崎フロンターレ エンブレム

川崎フロンターレは1999年にJリーグに加盟したプロサッカークラブで、川崎市をホームタウンにして、青少年の健全な育成と地域の発展に貢献を目指すサッカーチームです。

川崎フロンターレの名前から言うと、フロンターレはイタリア語で「正面」の意味で、これは正面から正々堂々に戦う姿の表現だと考えられます。

川崎フロンターレのエンブレムは川崎市の花「つつじ」が刻まれます。「先進技術を生み出す、臨海都市の海」をシンボライズし、優しくて親しみやすい「イルカ」をモチーフにしてエンブレムの下部に配置します。チームカラーは海のようなブルーで、世界に向けて魅力がある川崎市を表現されます。

Leave a Comment

サガン鳥栖 エンブレムの意味

サガン鳥栖 エンブレム

佐賀県の鳥栖市をホームタウンとするサガン鳥栖はJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念は「人づくり」「まちづくり」「夢づくり」の実現のために頑張ります。地域の人々に「愛され」「親しまれる」クラブを目指して努力します。

サガン鳥栖のエンブレムは全体に「Victory」のVをイメージにしてデザインされ、やはり勝利を目指す決心の表現です。真ん中にはカチガラスという動物です。これは佐賀県、筑後地区に生きている鳥です。エンブレムの上部のガラスは翼を張って力強く前へ突き進むイメージです。

外部にはサガンブルーで、内部にはサガンピンクで、また五大陸のイメージ色でVが描かれています。サガンブルーのエンブレムの上では「True champions in the hearts of all who love Sagantosu.」という英字が記入されます。「サガントスを愛する全ての人と共に、真のチャンピオンになる」という意味を表します。

Leave a Comment

大宮アルディージャ エンブレムの意味

大宮アルディージャ エンブレム

大宮アルディージャの名前と言えば、アルディージャはスペイン語の「ARDIJA」で、「ARDIJA」は「リス」の意味で、子供から大人まで親しまれる「リス」をクラブの名前にして、非常に意味があることです。この名前を採用するには、皆に愛されたいという気持ちも伝えます。

リスの特徴は素早い動き、鋭いイメージ、敏感という感じです。大宮アルディージャのクラブキーワード「speedy」「active」「aggressive」をロゴに表現します。

大宮アルディージャのエンブレムは主にオレンジ色とブルーから配色します。メインイメージは大宮市のマスコットと呼ばれるリスで、尻尾を立ててリスのイメージで固い守備力とバランスの意味です。上部にはサッカーボールのイメージで、ボールから伸びた5本のストライプはスピードの表現で、なお、大宮市の5つの街道の表現です。

Leave a Comment

サンフレッチェ広島 エンブレムの誕生の由来

サンフレッチェ広島 エンブレムサンフレッチェ広島は広島県広島市をホームタウンとするJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念はサッカーを通じて、地域に貢献します。サッカー運動を通じ、市民、県民に親しまれ、愛されるサッカーチームになることはサンフレッチェ広島の目標です。

サンフレッチェ広島のエンブレムは盾形で、盾の力強さを借り、強いチームになりたい気持ちを表します。盾の内部のラインは広島市内の川を表現します。そして、三本の矢のイメージで、強い攻撃を表現します。上部には王冠のイメージを採用し、王者の姿を表現します。周りにはつたの花があり、クラブを支えるサポーターを表現します。下部には英字でサンフレッチェ広島の名前「SANFRECCE HIROSHIMA」を記入します。

サンフレッチェ広島の名前の由来とは、サンフレッチェは日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ」の合わせて作った単語です。チームの名前も日本の「三本の矢」のストーリーから名付けられました。クラブの理念として、これも「技術・戦術・体力」の三要素の表現で、また選手として「心・技・体」の三原則です。2005シーズンから、クラブエンブレムのデザインは「クラブ理念」「クラブ設立の目的」「広島らしさ」の三点に変更しました。

Leave a Comment

横浜F・マリノス エンブレムの由来

横浜F・マリノス エンブレム横浜F・マリノスは「横浜・横須賀」で発足したプロサッカークラブで、サッカーを通じ、健全で豊かな生活を宣伝し、地域に貢献する目標で創設したサッカーチームです。

なぜ「マリノス」と名づけることと言うと、やはりマリノス(MARINOS)はスペイン語で「船乗り」のことです。横浜は国際的港で、7つの海を渡す世界を目指す横浜のイメージを表します。

横浜F・マリノスのエンブレムは外側には王者の印である月桂樹の枝があります。中には赤、白、青三色で組み合わせる盾型で、前身の日産自動車サッカー部の伝統を引き継いだものです。盾型の中には錨、サッカーボール、カモメのイメージがあります。すべては横浜のシンボルだと考えられます。

下部には横浜F・マリノスの英字「Yokohama F・Marinos」が記入されます。横浜F・マリノスは港の都市のサッカークラブとして、海のような根性があり、最後まで諦めず戦い、魅力溢れるサッカーを追求し、世界を目指すチームです。

Leave a Comment

ベガルタ仙台 エンブレムの意味

ベガルタ仙台 エンブレムベガルタ仙台のエンブレムと言うと、まずベガルタ仙台の名前の由来から説明しましょう。仙台の風物詩「七夕まつり」は、天の川の織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が、年に一度しかない会うことができるという伝説から生まれました。ベガルタも名前のとおり、この二つの星の組み合わせで生まれた名前です。これも県民と市民の融合という願いが込められます。

ベガルタのメイン色はゴールドで、これはやはり宮城県は日本最初の黃金産地の原因で、黃金は財畗のシンボルで、それも宮城県の誇りです。だから、エンブレムもゴールド色を採用し、ベガルタ仙台も宮城県の誇りという念願も含まれます。そして、仙台しだけではなく、宮城県もベガルタ仙台と一緒に世界に注目される都市になりたい願いもあります。

ベガルタ仙台のエンブレムは基調はゴールドで、そして炎のように燃えているレッド色です。これもチームは炎のように鮮やかで活躍する意味です。中央には勝利をもたらすワシのイメージがブルスカイに向けています。これも未来に積極的に迎えるという情熱を表します。

ワシの下部はベガルタの英字「VEGALTA」と「SENDAI」が記入されます。

Leave a Comment

セレッソ大阪 エンブレムの意味

セレッソ大阪 エンブレム

セレッソ大阪はスペイン語で「桜」という意味で、大阪の市花も桜で、日本を代表する花も桜です。セレッソ大阪の名前を採用する原因もこのクラブは日本を代表するクラブへ、世界で満開の夢を咲かせるクラブへという念願も表します。

セレッソ大阪のエンブレムは桜、ストライプ、オオカミ、王冠、茨の五つの部分から組み合わせます。桜はもちろんセレッソ大阪のシンボルで、良い念願を寄せる花です。ストライプは大阪の川のイメージです。チームキャラクターの「オオカミ」はエンブレムの横に配し、最中の王冠は王者になりたい自信と期待を表し、外側のいばらは「守り」という意味を表します。

セレッソ大阪は、世界範囲に活躍している人気選手を育っている有名なサッカークラブで、日本だけでなく、世界でも有名なサッカーチームになりたいクラブです。桜のように全世界で咲かせます。

Leave a Comment