Skip to content

月別: 2016年4月

柏レイソル エンブレム由来と意味

柏レイソル エンブレム

柏レイソルは、千葉県柏市をホームタウンとするプロサッカークラブです。前身は日立制作所サッカー部で、Jリーグ昇格を目指した柏レイソルは、地域の人々に支えられ、愛されるスポーツ文化を宣伝する道で積極的に頑張っています。スポーツクラブの活動を通して地域に貢献することを目指します。

柏レイソルのエンブレムは、中央には太陽のイメージで、下部には「REYSOL」の英字があります。「REYSOL」はスペイン語の「REY」で、「REY」は「王」にイコールし、「SOL」は「太陽」を表す言葉で、「REYSOL」は「太陽王」という意味ですね。

柏レイソルのクラブコンセプトは、強くなくてはならない。家族のために、勝利を獲得するために力を尽くします。ホームタウンを代表し、日本を代表し、アジアを代表し、世界の有名なクラブになるために努力します。

Leave a Comment

ヴァンフォーレ甲府 エンブレムの由来と意味

ヴァンフォーレ甲府 エンブレム

ヴァンフォーレ甲府のチームのエンブレムはチームカラーの青を基調にデザインされました。山梨の県花としての「フジザクラ」はエンブレムの上部に配置し、豊かな自然の象徴と考えられます。ヴァン(風)フォーレ(林)のチーム名の由来は、武田信玄の家紋・武田菱を、ブドウをイメージしたワインレッドで表現されます。

中央の「VFK」は、ヴァンフォーレ甲府の略語「Vital Fighting Knights(生き生きと戦う気品ある勇士たち)」の意味です。バックイメージはレッドとホワイトの菱型で、下部には「YAMANASHI」と「EST.1965」の文字が記入されます。

Leave a Comment