Skip to content

月別: 2016年7月

ユベントス エンブレムの意味と由来

20160730101258

ユベントスは、イタリアのトリノ市を拠点とするイタリアのビッククラブです。クラブは1897年11月1日にマッシモ・ダゼーリオ高等学校の生徒らによってスポルト・クラブ・ユヴェントス(Sport Club Juventus)として創設されました。セリエAにおいて最も成功したクラブの一つです。愛称はエンブレムやユニフォームからビアンコネーロイタリア語で「白と黒」、複数形でビアンコネーリや、シニョーラ「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」などがあります。

ユベントスのエンブレムの真ん中にいるのは馬ではなく牛です。これはホームのトリノ市の紋章にも描かれていて、トリノの語源がタウリーニ(牛の人々)であることが由来です。「三階建て」構造と呼ばれ、白と黒の縦縞がユヴェントス、ACミラン、インテル三つのクラブカラーから由来となっています。

ユベントスのエンブレムのコンセプトは、ラテン語で「若者」や「青春」を意味します。メンバー全体に永遠に若者のように青春を保ち、いつも元気満々で試合をして、勝利を収獲してほしいの気持ちが含まれます。クラブをもっと強くになるように頑張ります。

Leave a Comment

ASローマ エンブレムの意味と由来

20160730100522

ASローマは、イタリアローマを本拠地とするサッカークラブチームです。単にローマとも表記されます。1927年夏、ファシスト党のイタロ・フォッシによりイタリアサッカー選手権に参加していたローマを本拠地とするローマン、SSアルバ=アウダチェ、フォルティトゥード=プロ・ローマSGSの3クラブが合併し、ASローマが設立されました。

ASローマのエンブレムの真ん中にいる、この動物は狼なんです。狼の下で子供たちが乳搾りをしているように見えるのですが、これはテヴェレ川に捨てられ、狼に育てられたロームルスとレムスという双子です。この2人によって、ローマは建国されたという神話になっています。ローマの建国神話を表しています。

ASローマのクラブコンセプトは、いつまでも歴史を忘れないで、建国の辛さを忘れないで、強くなって、団結してクラブを有名なクラブになるように努力します。

 

Leave a Comment