Skip to content

月別: 2016年8月

ロシア代表エンブレムの意味と由来

0160827154318

 

ロシア国家男子サッカーチームがロシアを代表する政府筋のサッカーチームです。ロシア国家男子サッカーチームがロシアサッカー聯合会の管理で運転されています。ロシア政府筋のサッカーチームが記録されていることが帝政ロシア時代まで遡れます。

エンブレム全体が華やかで美しいです。双頭のイーグルが翼を広げてフットボールの上に立っています。羽がロシア民族を象徴する金色をしています。フットボールがレッド、ブルー、ホワイトというロシア国旗に一致する三色で塗っています。フットボールの下の周りにロシアサッカー協会を意味するロシア語が書いてあります。

エンブレムに載ってある双頭イーグルがロシア国章の形に似っています。そして、次第に変化する色が現代美意識を融合しました。エンブレム自体がとても欧風スタイルのロゴです。

 

Leave a Comment

フランス代表 エンブレムの意味と由来

20160825173723

フランス国家サッカーチームがヨーロッパで最も成功な国家サッカーチームの一つで、フランスサッカー総会の管理で運転されています。1930年第一期ワールドカップの決勝戦まで進出して、1998年にワールドカップ大会で優勝しました。且つ、色々な国際大会で見事な成績を取得しました。

エンブレムが雄鶏の形をしています。頭のてっぺんの星印はワールドカップ大会で優勝したことを意味しています。FFFはフランスフットボール協会の英文の略書きです。エンブレム自体がレッド、ホワイト、ブルーの三色を呈しています。この三色はフランスの国旗のカラーです。フランス要素を融合したエンブレムがフランスチームの国家ヘの帰属意識を十分表しました。ホワイトは国王で、レッドとブルーは市民を代表していて、国全体の団結する姿を印象づけます。

エンブレムの自体の直立する姿、傲然として屈しない気勢がフランスチームの強大の実力を代表しています。この凛々しいエンブレムがチームの競争への気勢をよく励ましました。

Leave a Comment

イングランド代表エンブレムの意味と由来

QQ图片20160825173347

イングランド国家男子サッカーチームがイングランドサッカー聯合会の管理での国ランクのサッカー代表チームです。現代サッカー発祥地として、サッカー財力が強大なイングランドは世界のプロサッカーの中心の一つです。

イングランドチームのエンブレムが三匹のライオンと十輪の薔薇から構成しました。薔薇がイングランドの国花です。十輪という数字がロンドンを始め、イングランドの十個の地域を表します。直立して、前爪を上げて、大口を開けているところがライオンのイメージです。ライオンの立髪が聳え立っていて、力と権威を意味しています。体全体の色がレッドと金色で、舌と爪の色が引き立っています。

イングランドチームのエンブレムが実質として、イングランドの国章です。百獣の王としてのライオンのイメージが力と勇気を象徴していて、とても流行する紋章なのです。

Leave a Comment

ポルトガル代表 エンブレムの意味と由来

20160824174957

 

サッカーポルトガル代表はポルトガルサッカー連盟(FPF)によって編成されるポルトガルのサッカーのナショナルチームです。

近年では世界的な強豪国として数えられます。史上屈指のストライカー・エウゼビオを擁した1960年代に第一次黄金期を迎え、初出場となった1966年のイングランド・ワールドカップでは3位に入りました。中でも準々決勝の北朝鮮戦での0-3からの大逆転劇は有名です。

サッカーポルトガル代表のエンブレムはブラガンサ家の紋章に騎士修道会のキリスト十字が基になっています。

ポルトガル代表のエンブレムはチームカラーを採用し、赤は新世界発見のため大海原に乗り出した勇気あるという意味を表します。

Comments closed

イタリア代表 エンブレムの意味と由来

20160824174537

 

サッカーイタリア代表 (Nazionale di calcio italiana) はイタリアサッカー連盟 (FIGC) によって編成されるイタリアのサッカーのナショナルチームであり、通称はアズーリ(“青”の意)です。

国旗の色にない青という色をチームカラーとするナショナルチームのひとつであり(ほかの例としてはドイツの白、日本の青、オランダのオレンジがあります)、その青色は地中海ブルーと呼ばれることもあります。ユニフォームが青いのは、かつてのイタリア王国の王家ことサヴォイア家からきているとされることがあります(王国時代は現在の国旗の中央にサヴォイア家の家紋が青い枠とともに入っていました)。

イタリア代表のエンブレムはイタリアの緑・白・赤の縦三色旗を採用して、盾形にアレンジします。緑は「自由」(、白は「平等」、赤は「友愛(博愛)」を表します。また、、イタリア代表はエンブレムの中にステラ (イタリア語で星の意味)を組み込みました。

イタリア代表のエンブレムはチームカラーの緑・白・赤を基調に「自由」「平等」「友愛」を表します。

Leave a Comment

ヴィッセル神戸 エンブレムの意味と由来

20160813152403

 

ヴィッセル神戸(ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

「VISSEL」は英語の勝利「VICTORY」と船「VESSEL」を合わせた造語です。「勝利の船出」を意味し、国際港湾都市神戸をイメージするとともに、市民の夢を乗せ、勝利に挑戦し続けるチームであることの誓いを込めています。
ヴィッセル神戸のエンブレムの中には戦いのシンボルがあり、神戸の象徴・六甲山をイメージしたシェイプの中に、伝統ある白と黒のストライプと、新しいロゴタイプとを融合させた、まさに伝統と革新を融合っします。これまでの誇りを胸に、更なる夢と希望に向かって新たな挑戦をスタートさせるチームのスピリットを象徴しています。
国際的、先進的、文化的、独自性、多面的、ファッショナブル、モダン…といったイメージを持つ神戸のチームだからこそ新しいスポーツ・カルチャーの発信をこのエンブレムは目指しています。

 

Leave a Comment

京都サンガFC エンブレムの意味と由来

0160812102950

京都サンガF.C.(きょうとサンガエフシー、Kyoto Sanga F.C.)は、日本京都府京都市宇治市城陽市向日市長岡京市京田辺市木津川市亀岡市をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

京都サンガFCの前身は京都紫光クラブ時代からのチームカラー「PURPLE(パープル)」に、仲間を意味するサンスクリット語「サンガ」と、山紫水明の京都をイメージさせる「山河」の響きを掛け合わせた「SANGA」を組み合わせたものです。 2007シーズン、京都の仲間「京都サンガ」は、「Football」を通し「Fun」「Family」と共に、「Future」を目指すという思い込め「京都サンガF.C.(KYOTO SANGA F.C.)」へと名称を変更しました。

京都サンガFCのエンブレムは鏃のような鋭さは、俊敏な攻撃力を表します。そして、盾型のフォルムは、強固な守備力を象徴し、風雲を巻き起こす絶対的な強さを表現し、鳳と凰の2羽は向かい合うことで戦う姿勢を表しています。燃えたぎる赤は、情熱的な闘志と絶対に諦めない不死鳥のごとき熱い魂を表現しています。また、鳳凰が向かうのは天であり、翼を大きく広げ最上を目指します。それに、紫郊クラブ以来の伝統と歴史を表わすため、1930年代に使用されたサッカーボールを配しました。

京都サンガFCのエンブレムはチームカラーの紫を基調に力の強さを表します。

 

 

Leave a Comment

ガンバ大阪 エンブレムの意味と由来

160812102346

ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

クラブ名、GAMBAとはイタリア語で「脚」を意味する言葉です。「ガンバ」という響きは、日本語の「頑張る」にも通じ、「チーム一丸となって勝利を目指して頑張るチーム」「どんな状況でもガンバって勝利を勝ちとるチーム」「大阪をホームタウンとし、大阪を中心とした関西ファンの声援を受けてガンバるチーム」「日本一、世界一のクラブ組織に向けてガンバるサッカークラブ」という気持ちが込められています。

ガンバ大阪のエンブレムは大阪の鳥「百舌鳥(もず)」を伝統の象徴であり、盾形にアレンジして、勝利の証である月桂樹のかわりに、大阪の木「銀杏」の葉が周囲を飾っています。

ガンバ大阪のエンブレムのカラーは、フェアプレー精神を表す白色、力強さの象徴の黒色を採用して、リズム感のあるサッカースタイルを表します。

 

Leave a Comment

名古屋グランパス エンブレムの意味と由来

名古屋グランパス(なごやグランパス、Nagoya Grampus)は、日本の名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チームカラーは赤を基調にして、黄色とオレンジのダブルストライプで表現したデザインしています。そんな熱いファン魂を代表しています。チーム名の「グランパス (Grampus)」は英語で鯱(名古屋城の金鯱)、「エイト」は名古屋市の市章「丸に八」Nagoya City Symbol.svgから来て、末広がりを表しました。

名古屋グランパス エンブレム最上部には王者を表す王冠で、盾状のエンブレムには名古屋グランパスエイトの頭文字と名古屋のシンボル「シャチ」をデザインしました。楯と王冠をモチーフに「NGE」とグランパスくんを盛り込んだものを採用しています。下部には英語で「NAGOYA GRAMPUS EIGHT」が記入しました。

名古屋グランパス エンブレムレッドが野性と闘魂を漲って、ノーブルレッドが知性と愛情が溢れって、オレンジが明るさと華やかで、チームの熱情を象徴しています。

20160810093500

Leave a Comment

FC東京 エンブレムの意味と由来

FC東京(エフシーとうきょう、F.C. Tokyo)は、日本の東京都をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チームカラーのブルーとレッドの鮮やかなコントラストで、絶妙なデザインバランスにセンスを感じしています。クラブ名の「FC東京」は、シンプルで誰にもわかり易く馴染みがあり「都民のためのJクラブ」を目指す観点から制定されました。

FC東京のエンブレムの左上に書いてある“ESTD”は“Established”の略です。この「Established」には「起源」という意味があります。なのてエンブレムの1999という数字と合わして、FC東京が1999年からJリーグに加盟した意を表します。

FC東京のエンブレムのカラーの青と赤を基調に中心には情熱を表わしました。

0160810092948

Leave a Comment