Skip to content

イタリア代表 エンブレムの意味と由来

20160824174537

 

サッカーイタリア代表 (Nazionale di calcio italiana) はイタリアサッカー連盟 (FIGC) によって編成されるイタリアのサッカーのナショナルチームであり、通称はアズーリ(“青”の意)です。

国旗の色にない青という色をチームカラーとするナショナルチームのひとつであり(ほかの例としてはドイツの白、日本の青、オランダのオレンジがあります)、その青色は地中海ブルーと呼ばれることもあります。ユニフォームが青いのは、かつてのイタリア王国の王家ことサヴォイア家からきているとされることがあります(王国時代は現在の国旗の中央にサヴォイア家の家紋が青い枠とともに入っていました)。

イタリア代表のエンブレムはイタリアの緑・白・赤の縦三色旗を採用して、盾形にアレンジします。緑は「自由」(、白は「平等」、赤は「友愛(博愛)」を表します。また、、イタリア代表はエンブレムの中にステラ (イタリア語で星の意味)を組み込みました。

イタリア代表のエンブレムはチームカラーの緑・白・赤を基調に「自由」「平等」「友愛」を表します。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です