Skip to content

月別: 2016年11月

CAオサスナのエンブレムの意味と由来

7-140203003G6323

CAオサスナは、スペイン・ナバラ州の州都パンプローナに本拠地を置くサッカークラブで、2013-14シーズンはリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しています。

オサスナという単語はバスク語で健康という意味があり、丈夫という意味でも使っています。伝統的なCAオサスナ ユニフォームのホームはレッドのシャツ、ディープブルーパンツを採用し、黒いハイソックスを着用しています。それは火の熱意を現れています。アウェイのユニフォームはディープブルーで、パンツはオレンジで、ハイソックスはディープブルーを着用しています。

CAオサスナのエンブレムは中央でライオンというパンブローな市章からデザインしています。それを取り囲む鎖のモチーフは、スペインの国章と同じくナバラ王国を象徴しています。王冠もナバラ王国のものだが、設立当時はスペイン王国のものです。ただし1931年から1939年の第二共和制時代には王冠の無いエンブレムが使われました。赤と青の色は、設立当時に合併した2つのチームカラーとの説があります。最初のエンブレムには、背景にボールが配置されていたが、1931年に無くなりました。2000年に少し修正され、ライオンの背景が水色から白に変えられました。

Leave a Comment