Skip to content

カテゴリー: アルビレックス新潟

アルビレックス新潟 エンブレムの意味

アルビレックス新潟 エンブレム

アルビレックス新潟アルビレックスにいがた、Albirex Niigata)のホーム タウンは日本の新潟県新潟市で、アルビレックス新潟は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チームカラーは青、オレンジとホワイトです。オレンジと青はチームの名前と関係があります。オレンジとブルーの二重量が「アルビレオ」で、新潟は白鳥がたくさんあります。白鳥のキャラクターを採用し、そして、オレンジは新潟の美しい夕日のイメージで、ブルーは日本海の美しさです。だからこの三色を採用します。

アルビレックス新潟のエンブレムは翼を張っている白鳥のイメージを採用し、オレンジの夕日で、そして、オレンジの星が上部に配置されます。下部には新潟の英字「ALBIREX NIIGATA」が記入されます。

アルビレックス新潟の名前は「アルビレ(アルビレオ)」+「レックス(ラテン語で”王”)」=「アルビレックス新潟」となりました。サッカーの王者になりたいという念願も名前に込めます。

Leave a Comment