Skip to content

カテゴリー: サガン鳥栖

サガン鳥栖 エンブレムの意味

サガン鳥栖 エンブレム

佐賀県の鳥栖市をホームタウンとするサガン鳥栖はJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念は「人づくり」「まちづくり」「夢づくり」の実現のために頑張ります。地域の人々に「愛され」「親しまれる」クラブを目指して努力します。

サガン鳥栖のエンブレムは全体に「Victory」のVをイメージにしてデザインされ、やはり勝利を目指す決心の表現です。真ん中にはカチガラスという動物です。これは佐賀県、筑後地区に生きている鳥です。エンブレムの上部のガラスは翼を張って力強く前へ突き進むイメージです。

外部にはサガンブルーで、内部にはサガンピンクで、また五大陸のイメージ色でVが描かれています。サガンブルーのエンブレムの上では「True champions in the hearts of all who love Sagantosu.」という英字が記入されます。「サガントスを愛する全ての人と共に、真のチャンピオンになる」という意味を表します。

Leave a Comment