Skip to content

カテゴリー: サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島 エンブレムの誕生の由来

サンフレッチェ広島 エンブレムサンフレッチェ広島は広島県広島市をホームタウンとするJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念はサッカーを通じて、地域に貢献します。サッカー運動を通じ、市民、県民に親しまれ、愛されるサッカーチームになることはサンフレッチェ広島の目標です。

サンフレッチェ広島のエンブレムは盾形で、盾の力強さを借り、強いチームになりたい気持ちを表します。盾の内部のラインは広島市内の川を表現します。そして、三本の矢のイメージで、強い攻撃を表現します。上部には王冠のイメージを採用し、王者の姿を表現します。周りにはつたの花があり、クラブを支えるサポーターを表現します。下部には英字でサンフレッチェ広島の名前「SANFRECCE HIROSHIMA」を記入します。

サンフレッチェ広島の名前の由来とは、サンフレッチェは日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ」の合わせて作った単語です。チームの名前も日本の「三本の矢」のストーリーから名付けられました。クラブの理念として、これも「技術・戦術・体力」の三要素の表現で、また選手として「心・技・体」の三原則です。2005シーズンから、クラブエンブレムのデザインは「クラブ理念」「クラブ設立の目的」「広島らしさ」の三点に変更しました。

Leave a Comment