Skip to content

カテゴリー: セレッソ大阪

セレッソ大阪 エンブレムの意味

セレッソ大阪 エンブレム

セレッソ大阪はスペイン語で「桜」という意味で、大阪の市花も桜で、日本を代表する花も桜です。セレッソ大阪の名前を採用する原因もこのクラブは日本を代表するクラブへ、世界で満開の夢を咲かせるクラブへという念願も表します。

セレッソ大阪のエンブレムは桜、ストライプ、オオカミ、王冠、茨の五つの部分から組み合わせます。桜はもちろんセレッソ大阪のシンボルで、良い念願を寄せる花です。ストライプは大阪の川のイメージです。チームキャラクターの「オオカミ」はエンブレムの横に配し、最中の王冠は王者になりたい自信と期待を表し、外側のいばらは「守り」という意味を表します。

セレッソ大阪は、世界範囲に活躍している人気選手を育っている有名なサッカークラブで、日本だけでなく、世界でも有名なサッカーチームになりたいクラブです。桜のように全世界で咲かせます。

Leave a Comment