Skip to content

カテゴリー: ベガルタ仙台

ベガルタ仙台 エンブレムの意味

ベガルタ仙台 エンブレムベガルタ仙台のエンブレムと言うと、まずベガルタ仙台の名前の由来から説明しましょう。仙台の風物詩「七夕まつり」は、天の川の織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が、年に一度しかない会うことができるという伝説から生まれました。ベガルタも名前のとおり、この二つの星の組み合わせで生まれた名前です。これも県民と市民の融合という願いが込められます。

ベガルタのメイン色はゴールドで、これはやはり宮城県は日本最初の黃金産地の原因で、黃金は財畗のシンボルで、それも宮城県の誇りです。だから、エンブレムもゴールド色を採用し、ベガルタ仙台も宮城県の誇りという念願も含まれます。そして、仙台しだけではなく、宮城県もベガルタ仙台と一緒に世界に注目される都市になりたい願いもあります。

ベガルタ仙台のエンブレムは基調はゴールドで、そして炎のように燃えているレッド色です。これもチームは炎のように鮮やかで活躍する意味です。中央には勝利をもたらすワシのイメージがブルスカイに向けています。これも未来に積極的に迎えるという情熱を表します。

ワシの下部はベガルタの英字「VEGALTA」と「SENDAI」が記入されます。

Leave a Comment