Skip to content

カテゴリー: ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸 エンブレムの意味と由来

20160813152403

 

ヴィッセル神戸(ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

「VISSEL」は英語の勝利「VICTORY」と船「VESSEL」を合わせた造語です。「勝利の船出」を意味し、国際港湾都市神戸をイメージするとともに、市民の夢を乗せ、勝利に挑戦し続けるチームであることの誓いを込めています。
ヴィッセル神戸のエンブレムの中には戦いのシンボルがあり、神戸の象徴・六甲山をイメージしたシェイプの中に、伝統ある白と黒のストライプと、新しいロゴタイプとを融合させた、まさに伝統と革新を融合っします。これまでの誇りを胸に、更なる夢と希望に向かって新たな挑戦をスタートさせるチームのスピリットを象徴しています。
国際的、先進的、文化的、独自性、多面的、ファッショナブル、モダン…といったイメージを持つ神戸のチームだからこそ新しいスポーツ・カルチャーの発信をこのエンブレムは目指しています。

 

Leave a Comment

ヴィッセル神戸 エンブレムの由来と意味

ヴィッセル神戸 エンブレム

ヴィッセル神戸のホームタウンは兵庫県の神戸市で、山と海に囲まれ、日本を代表する港町です。神戸ビーフは世界でも有名で、神戸は洋風文化に浸透し、異国情調が溢れる町となりました。ヴィッセル神戸はクラブ20周年を迎えた2015シーズンにより、「一致団結~One Team, One Family, One Dream」のスローガンが掲載しました。

ヴィッセル神戸のエンブレムは、神戸の六甲山をイメージしたシェイプの中に、伝統的なホワイトとブラックのストライプが新しいロゴタイプを融合させ、伝統と革新の融合と考えられます。これも夢と未来を向かって新たなスタートの象徴となります。

最中には「VISSEL」の「V」が大きくにして、また「VICTORY」の「V」をモチーフに、勝利を目指す希望を表します。

Leave a Comment