Skip to content

カテゴリー: 京都サンガF.C

京都サンガFC エンブレムの意味と由来

0160812102950

京都サンガF.C.(きょうとサンガエフシー、Kyoto Sanga F.C.)は、日本京都府京都市宇治市城陽市向日市長岡京市京田辺市木津川市亀岡市をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

京都サンガFCの前身は京都紫光クラブ時代からのチームカラー「PURPLE(パープル)」に、仲間を意味するサンスクリット語「サンガ」と、山紫水明の京都をイメージさせる「山河」の響きを掛け合わせた「SANGA」を組み合わせたものです。 2007シーズン、京都の仲間「京都サンガ」は、「Football」を通し「Fun」「Family」と共に、「Future」を目指すという思い込め「京都サンガF.C.(KYOTO SANGA F.C.)」へと名称を変更しました。

京都サンガFCのエンブレムは鏃のような鋭さは、俊敏な攻撃力を表します。そして、盾型のフォルムは、強固な守備力を象徴し、風雲を巻き起こす絶対的な強さを表現し、鳳と凰の2羽は向かい合うことで戦う姿勢を表しています。燃えたぎる赤は、情熱的な闘志と絶対に諦めない不死鳥のごとき熱い魂を表現しています。また、鳳凰が向かうのは天であり、翼を大きく広げ最上を目指します。それに、紫郊クラブ以来の伝統と歴史を表わすため、1930年代に使用されたサッカーボールを配しました。

京都サンガFCのエンブレムはチームカラーの紫を基調に力の強さを表します。

 

 

Leave a Comment