Skip to content

カテゴリー: 大宮アルディージャ

大宮アルディージャ エンブレムの意味

大宮アルディージャ エンブレム

大宮アルディージャの名前と言えば、アルディージャはスペイン語の「ARDIJA」で、「ARDIJA」は「リス」の意味で、子供から大人まで親しまれる「リス」をクラブの名前にして、非常に意味があることです。この名前を採用するには、皆に愛されたいという気持ちも伝えます。

リスの特徴は素早い動き、鋭いイメージ、敏感という感じです。大宮アルディージャのクラブキーワード「speedy」「active」「aggressive」をロゴに表現します。

大宮アルディージャのエンブレムは主にオレンジ色とブルーから配色します。メインイメージは大宮市のマスコットと呼ばれるリスで、尻尾を立ててリスのイメージで固い守備力とバランスの意味です。上部にはサッカーボールのイメージで、ボールから伸びた5本のストライプはスピードの表現で、なお、大宮市の5つの街道の表現です。

Leave a Comment