Skip to content

カテゴリー: 川崎フロンターレ

川崎フロンターレ エンブレムの由来と意味

川崎フロンターレ エンブレム

川崎フロンターレは1999年にJリーグに加盟したプロサッカークラブで、川崎市をホームタウンにして、青少年の健全な育成と地域の発展に貢献を目指すサッカーチームです。

川崎フロンターレの名前から言うと、フロンターレはイタリア語で「正面」の意味で、これは正面から正々堂々に戦う姿の表現だと考えられます。

川崎フロンターレのエンブレムは川崎市の花「つつじ」が刻まれます。「先進技術を生み出す、臨海都市の海」をシンボライズし、優しくて親しみやすい「イルカ」をモチーフにしてエンブレムの下部に配置します。チームカラーは海のようなブルーで、世界に向けて魅力がある川崎市を表現されます。

Leave a Comment