Skip to content

カテゴリー: 横浜F・マリノス

横浜F・マリノス エンブレムの由来

横浜F・マリノス エンブレム横浜F・マリノスは「横浜・横須賀」で発足したプロサッカークラブで、サッカーを通じ、健全で豊かな生活を宣伝し、地域に貢献する目標で創設したサッカーチームです。

なぜ「マリノス」と名づけることと言うと、やはりマリノス(MARINOS)はスペイン語で「船乗り」のことです。横浜は国際的港で、7つの海を渡す世界を目指す横浜のイメージを表します。

横浜F・マリノスのエンブレムは外側には王者の印である月桂樹の枝があります。中には赤、白、青三色で組み合わせる盾型で、前身の日産自動車サッカー部の伝統を引き継いだものです。盾型の中には錨、サッカーボール、カモメのイメージがあります。すべては横浜のシンボルだと考えられます。

下部には横浜F・マリノスの英字「Yokohama F・Marinos」が記入されます。横浜F・マリノスは港の都市のサッカークラブとして、海のような根性があり、最後まで諦めず戦い、魅力溢れるサッカーを追求し、世界を目指すチームです。

Leave a Comment