Skip to content

カテゴリー: 浦和レッズ

浦和レッズ エンブレムの由来、意味と理念

reds-emblem

浦和レッズ エンブレムの構成モチーフ解読

〇鳳翔閣

鳳翔閣は埼玉師範学校校舎だけではなく、埼玉県のサッカーの発祥地と呼ばれています。鳳翔閣もこのサッカーに親しんでいる都市の歴史のシンボルと公認されています。

〇菱形

菱形は固い結束力のシンボルとなり、このプロサッカークラブ・レッドダイヤモンズもこういう固い結束力を持つべく期待が伝えられます。

〇サクラソウ

サクラソウは埼玉県の花とともに、浦和市の花でもあります。浦和市のプロサッカーチームのエンブレムの上に表示することも期待と光栄を寄せます。

浦和レッズエンブレムの理念

浦和レッズエンブレムの上には「URAWA」「SAITAMA」「RED DIAMONDS」などのチームの英字の他、一番目立つところはエンブレムの最中のボールでしょう。

「皆がボールの周囲に集まり、一つのボールから皆の友情、仲間意識、話題や喜びも生まれる」という理念が伝えます。ボールの周囲の渦はボールを中心に、広がりを強調し、地域の強いチームを目指すだけではなく、日本一になる意識も強く表します。

浦和レッズは、スポーツを通じて世界に向けて浦和市、埼玉県の市のイメージを発信しています。浦和レッズの名前のように、最高のダイヤモンドの輝きを放し、傷つけられない強さと結束力を持つ強いチームに頑張ります。

浦和レッズのエンブレムは、1992年から2001年1月までずっと「ひし形」で、2001年2月に、現在のエンブレムの変更しました。

Leave a Comment