Skip to content

カテゴリー: 鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ エンブレムの象徴

Kashima-02_副本

鹿島アントラーズのエンブレムは名前のとおり、鹿の枝角が一番目立つところで、アントラーズの「アントラー」は鹿の枝角のことです。エンブレムはクラブの代表的な色である赤とグレーを半分にして盾型に構成し、盾型の最中に鹿島神宮の鹿をモチーフを採用します。鹿島の代表的な建物は鹿島神宮で、鹿島神宮の鹿のイメージを採用し、枝角は茨城県の茨をイメージしています。盾型の下部に英字でチーム名「KASHIMA Antlers」が記入されます。

鹿島アントラーズのチームカラーは「アントラーズ レッド」ですが、茨城県花のバラと同じ色です。これもサッカーへの燃える情熱の表現と公認されます。鹿島アントラーズは91年2月、日本プロサッカーリーグ——Jリーグに加盟したサッカークラブで、鹿島町(現鹿嶋市)をホームタウンとするチームです。だから鹿島と深い愛情が繋がります。

ちなみに、鹿のモチーフを使用する他の原因は、やはり鹿は皆に愛されているかわいい動物で、そして、戦いの時は、鹿のように鋭い枝角で勝利を目指すという意味もあります。

Leave a Comment