Skip to content

カテゴリー: Jリーグ

コンサドーレ札幌 エンブレムの意味と由来

20160809093304

コンサドーレ札幌(コンサドーレさっぽろ、Consadole Sapporo)は、日本の札幌市を中心とする北海道をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チーム名の「consadole(コンサドーレ)」は道民を意味する「道産子(読:どさんこ)」の逆さ読みと、ラテン語の響きを持つ「-ole(オーレ)」を組み合わせたもので、一般公募によって決定されました。

コンサドーレ札幌 エンブレムは北海道に生息する日本最大のフクロウ『シマフクロウ』を象徴的に図案化しました。頂点に羽ばたく翼を持つシマフクロウの盾型の中に、11個の星(結束したイレブン)、勝利を見据える眼光(闘志)、ブリザードを表す白ストライプ(攻撃性)を配して、それらが、ホームタウンを意味するリボンの円弧に根ざすデザインになっております。

コンサドーレ札幌 エンブレムは北海道をイメージしたクラブカラーのストライプの中に、クラブの象徴であるエンブレムを配して、札幌市民そして北海道全体の人々に愛されるチームづくりを行っていく強い意志が込められています。

 

 


Leave a Comment

柏レイソル エンブレム由来と意味

柏レイソル エンブレム

柏レイソルは、千葉県柏市をホームタウンとするプロサッカークラブです。前身は日立制作所サッカー部で、Jリーグ昇格を目指した柏レイソルは、地域の人々に支えられ、愛されるスポーツ文化を宣伝する道で積極的に頑張っています。スポーツクラブの活動を通して地域に貢献することを目指します。

柏レイソルのエンブレムは、中央には太陽のイメージで、下部には「REYSOL」の英字があります。「REYSOL」はスペイン語の「REY」で、「REY」は「王」にイコールし、「SOL」は「太陽」を表す言葉で、「REYSOL」は「太陽王」という意味ですね。

柏レイソルのクラブコンセプトは、強くなくてはならない。家族のために、勝利を獲得するために力を尽くします。ホームタウンを代表し、日本を代表し、アジアを代表し、世界の有名なクラブになるために努力します。


Leave a Comment

ヴァンフォーレ甲府 エンブレムの由来と意味

ヴァンフォーレ甲府 エンブレム

ヴァンフォーレ甲府のチームのエンブレムはチームカラーの青を基調にデザインされました。山梨の県花としての「フジザクラ」はエンブレムの上部に配置し、豊かな自然の象徴と考えられます。ヴァン(風)フォーレ(林)のチーム名の由来は、武田信玄の家紋・武田菱を、ブドウをイメージしたワインレッドで表現されます。

中央の「VFK」は、ヴァンフォーレ甲府の略語「Vital Fighting Knights(生き生きと戦う気品ある勇士たち)」の意味です。バックイメージはレッドとホワイトの菱型で、下部には「YAMANASHI」と「EST.1965」の文字が記入されます。


Leave a Comment

ヴィッセル神戸 エンブレムの由来と意味

ヴィッセル神戸 エンブレム

ヴィッセル神戸のホームタウンは兵庫県の神戸市で、山と海に囲まれ、日本を代表する港町です。神戸ビーフは世界でも有名で、神戸は洋風文化に浸透し、異国情調が溢れる町となりました。ヴィッセル神戸はクラブ20周年を迎えた2015シーズンにより、「一致団結~One Team, One Family, One Dream」のスローガンが掲載しました。

ヴィッセル神戸のエンブレムは、神戸の六甲山をイメージしたシェイプの中に、伝統的なホワイトとブラックのストライプが新しいロゴタイプを融合させ、伝統と革新の融合と考えられます。これも夢と未来を向かって新たなスタートの象徴となります。

最中には「VISSEL」の「V」が大きくにして、また「VICTORY」の「V」をモチーフに、勝利を目指す希望を表します。


Leave a Comment

モンテディオ山形 エンブレムの意味と由来

モンテディオ山形 エンブレム

モンテディオ山形はヨーロッパ型のクラブを目指して、地域と住民に支えられるプロサッカークラブです。「山形の未来を切り拓こう」という理念で、地域の人々と一緒に夢を実現するとともに、選手とクラブの活動を通し、山形のイメージを全世界に伝えられます。

モンテディオ山形のエンブレムは楕円型で、レッド色の環形です。エンブレムバックの下地は蔵王の樹氷のホワイトをイメージします。最中には3つのボールがあります。ボールの上にはモンテディオ山形の英字「Montedio」と「YAMAGATA」が付きます。ベースカラーはブルーとイエローで、シャープの造形で、山のように鋭い感じです。ブルーのラインは最上川の流れをイメージします。

最中の3つのボールの意味は、チーム、サポーター、行政の力を結んでいる象徴です。枠としたの赤色の英字は、県の花のカラーをイメージしてデザインされ、サポーターの情熱と応援、そして期待が込められています。


Leave a Comment

アルビレックス新潟 エンブレムの意味

アルビレックス新潟 エンブレム

アルビレックス新潟アルビレックスにいがた、Albirex Niigata)のホーム タウンは日本の新潟県新潟市で、アルビレックス新潟は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。

チームカラーは青、オレンジとホワイトです。オレンジと青はチームの名前と関係があります。オレンジとブルーの二重量が「アルビレオ」で、新潟は白鳥がたくさんあります。白鳥のキャラクターを採用し、そして、オレンジは新潟の美しい夕日のイメージで、ブルーは日本海の美しさです。だからこの三色を採用します。

アルビレックス新潟のエンブレムは翼を張っている白鳥のイメージを採用し、オレンジの夕日で、そして、オレンジの星が上部に配置されます。下部には新潟の英字「ALBIREX NIIGATA」が記入されます。

アルビレックス新潟の名前は「アルビレ(アルビレオ)」+「レックス(ラテン語で”王”)」=「アルビレックス新潟」となりました。サッカーの王者になりたいという念願も名前に込めます。


Leave a Comment

川崎フロンターレ エンブレムの由来と意味

川崎フロンターレ エンブレム

川崎フロンターレは1999年にJリーグに加盟したプロサッカークラブで、川崎市をホームタウンにして、青少年の健全な育成と地域の発展に貢献を目指すサッカーチームです。

川崎フロンターレの名前から言うと、フロンターレはイタリア語で「正面」の意味で、これは正面から正々堂々に戦う姿の表現だと考えられます。

川崎フロンターレのエンブレムは川崎市の花「つつじ」が刻まれます。「先進技術を生み出す、臨海都市の海」をシンボライズし、優しくて親しみやすい「イルカ」をモチーフにしてエンブレムの下部に配置します。チームカラーは海のようなブルーで、世界に向けて魅力がある川崎市を表現されます。


Leave a Comment

サガン鳥栖 エンブレムの意味

サガン鳥栖 エンブレム

佐賀県の鳥栖市をホームタウンとするサガン鳥栖はJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念は「人づくり」「まちづくり」「夢づくり」の実現のために頑張ります。地域の人々に「愛され」「親しまれる」クラブを目指して努力します。

サガン鳥栖のエンブレムは全体に「Victory」のVをイメージにしてデザインされ、やはり勝利を目指す決心の表現です。真ん中にはカチガラスという動物です。これは佐賀県、筑後地区に生きている鳥です。エンブレムの上部のガラスは翼を張って力強く前へ突き進むイメージです。

外部にはサガンブルーで、内部にはサガンピンクで、また五大陸のイメージ色でVが描かれています。サガンブルーのエンブレムの上では「True champions in the hearts of all who love Sagantosu.」という英字が記入されます。「サガントスを愛する全ての人と共に、真のチャンピオンになる」という意味を表します。


Leave a Comment

大宮アルディージャ エンブレムの意味

大宮アルディージャ エンブレム

大宮アルディージャの名前と言えば、アルディージャはスペイン語の「ARDIJA」で、「ARDIJA」は「リス」の意味で、子供から大人まで親しまれる「リス」をクラブの名前にして、非常に意味があることです。この名前を採用するには、皆に愛されたいという気持ちも伝えます。

リスの特徴は素早い動き、鋭いイメージ、敏感という感じです。大宮アルディージャのクラブキーワード「speedy」「active」「aggressive」をロゴに表現します。

大宮アルディージャのエンブレムは主にオレンジ色とブルーから配色します。メインイメージは大宮市のマスコットと呼ばれるリスで、尻尾を立ててリスのイメージで固い守備力とバランスの意味です。上部にはサッカーボールのイメージで、ボールから伸びた5本のストライプはスピードの表現で、なお、大宮市の5つの街道の表現です。


Leave a Comment

サンフレッチェ広島 エンブレムの誕生の由来

サンフレッチェ広島 エンブレムサンフレッチェ広島は広島県広島市をホームタウンとするJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念はサッカーを通じて、地域に貢献します。サッカー運動を通じ、市民、県民に親しまれ、愛されるサッカーチームになることはサンフレッチェ広島の目標です。

サンフレッチェ広島のエンブレムは盾形で、盾の力強さを借り、強いチームになりたい気持ちを表します。盾の内部のラインは広島市内の川を表現します。そして、三本の矢のイメージで、強い攻撃を表現します。上部には王冠のイメージを採用し、王者の姿を表現します。周りにはつたの花があり、クラブを支えるサポーターを表現します。下部には英字でサンフレッチェ広島の名前「SANFRECCE HIROSHIMA」を記入します。

サンフレッチェ広島の名前の由来とは、サンフレッチェは日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ」の合わせて作った単語です。チームの名前も日本の「三本の矢」のストーリーから名付けられました。クラブの理念として、これも「技術・戦術・体力」の三要素の表現で、また選手として「心・技・体」の三原則です。2005シーズンから、クラブエンブレムのデザインは「クラブ理念」「クラブ設立の目的」「広島らしさ」の三点に変更しました。


Leave a Comment