Skip to content

サンフレッチェ広島 エンブレムの誕生の由来

サンフレッチェ広島 エンブレムサンフレッチェ広島は広島県広島市をホームタウンとするJリーグに属するプロサッカークラブです。クラブの理念はサッカーを通じて、地域に貢献します。サッカー運動を通じ、市民、県民に親しまれ、愛されるサッカーチームになることはサンフレッチェ広島の目標です。

サンフレッチェ広島のエンブレムは盾形で、盾の力強さを借り、強いチームになりたい気持ちを表します。盾の内部のラインは広島市内の川を表現します。そして、三本の矢のイメージで、強い攻撃を表現します。上部には王冠のイメージを採用し、王者の姿を表現します。周りにはつたの花があり、クラブを支えるサポーターを表現します。下部には英字でサンフレッチェ広島の名前「SANFRECCE HIROSHIMA」を記入します。

サンフレッチェ広島の名前の由来とは、サンフレッチェは日本語の「三」とイタリア語の「フレッチェ」の合わせて作った単語です。チームの名前も日本の「三本の矢」のストーリーから名付けられました。クラブの理念として、これも「技術・戦術・体力」の三要素の表現で、また選手として「心・技・体」の三原則です。2005シーズンから、クラブエンブレムのデザインは「クラブ理念」「クラブ設立の目的」「広島らしさ」の三点に変更しました。


Leave a Comment

横浜F・マリノス エンブレムの由来

横浜F・マリノス エンブレム横浜F・マリノスは「横浜・横須賀」で発足したプロサッカークラブで、サッカーを通じ、健全で豊かな生活を宣伝し、地域に貢献する目標で創設したサッカーチームです。

なぜ「マリノス」と名づけることと言うと、やはりマリノス(MARINOS)はスペイン語で「船乗り」のことです。横浜は国際的港で、7つの海を渡す世界を目指す横浜のイメージを表します。

横浜F・マリノスのエンブレムは外側には王者の印である月桂樹の枝があります。中には赤、白、青三色で組み合わせる盾型で、前身の日産自動車サッカー部の伝統を引き継いだものです。盾型の中には錨、サッカーボール、カモメのイメージがあります。すべては横浜のシンボルだと考えられます。

下部には横浜F・マリノスの英字「Yokohama F・Marinos」が記入されます。横浜F・マリノスは港の都市のサッカークラブとして、海のような根性があり、最後まで諦めず戦い、魅力溢れるサッカーを追求し、世界を目指すチームです。


Leave a Comment

ベガルタ仙台 エンブレムの意味

ベガルタ仙台 エンブレムベガルタ仙台のエンブレムと言うと、まずベガルタ仙台の名前の由来から説明しましょう。仙台の風物詩「七夕まつり」は、天の川の織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が、年に一度しかない会うことができるという伝説から生まれました。ベガルタも名前のとおり、この二つの星の組み合わせで生まれた名前です。これも県民と市民の融合という願いが込められます。

ベガルタのメイン色はゴールドで、これはやはり宮城県は日本最初の黃金産地の原因で、黃金は財畗のシンボルで、それも宮城県の誇りです。だから、エンブレムもゴールド色を採用し、ベガルタ仙台も宮城県の誇りという念願も含まれます。そして、仙台しだけではなく、宮城県もベガルタ仙台と一緒に世界に注目される都市になりたい願いもあります。

ベガルタ仙台のエンブレムは基調はゴールドで、そして炎のように燃えているレッド色です。これもチームは炎のように鮮やかで活躍する意味です。中央には勝利をもたらすワシのイメージがブルスカイに向けています。これも未来に積極的に迎えるという情熱を表します。

ワシの下部はベガルタの英字「VEGALTA」と「SENDAI」が記入されます。


Leave a Comment

セレッソ大阪 エンブレムの意味

セレッソ大阪 エンブレム

セレッソ大阪はスペイン語で「桜」という意味で、大阪の市花も桜で、日本を代表する花も桜です。セレッソ大阪の名前を採用する原因もこのクラブは日本を代表するクラブへ、世界で満開の夢を咲かせるクラブへという念願も表します。

セレッソ大阪のエンブレムは桜、ストライプ、オオカミ、王冠、茨の五つの部分から組み合わせます。桜はもちろんセレッソ大阪のシンボルで、良い念願を寄せる花です。ストライプは大阪の川のイメージです。チームキャラクターの「オオカミ」はエンブレムの横に配し、最中の王冠は王者になりたい自信と期待を表し、外側のいばらは「守り」という意味を表します。

セレッソ大阪は、世界範囲に活躍している人気選手を育っている有名なサッカークラブで、日本だけでなく、世界でも有名なサッカーチームになりたいクラブです。桜のように全世界で咲かせます。


Leave a Comment

清水エスパルス エンブレムの意味

清水エスパルス エンブレム2016シーズンは清水エスパルスの新起点だと考えられます。栄誉も、挫折も、失望もすべて過去のことで、新しい清水エスパルスはこれから新たな旅を踏み出します。

チーム エンブレムは整体が盾型で、主に二色で配置されます。ブルーは日本の美しい川で、オレンジ色は静岡県は日本の有名のミカンの産地で、また喜び・希望・若さ・前進・元気などをイメージさせるこの色です。エンブレムの最中には地球儀を配し、また地元の象徴である富士山を上部に組み合わせて、非常に印象強いイメージです。

エンブレムの中の環形帯は、チームの名前と発足時期が記入されます。環形帯のデザインは、やはり強く高い絆と、結束する力の象徴です。仲間を信じて、ファンの力を信じて、一緒に目標を達成するために頑張ります。

「NO GUTS, NO WIN.」は清水エスパルスのスローガンです。名前のS-PULSEは「サッカー、清水、静岡」の頭文字Sで、サッカーを応援する県民の感激する愛情の表現で、そして、「PULSE」は「心臓の鼓動」という意味で、生き生きしいクラブ全員は夢を創造する希望です。


Leave a Comment

鹿島アントラーズ エンブレムの象徴

Kashima-02_副本

鹿島アントラーズのエンブレムは名前のとおり、鹿の枝角が一番目立つところで、アントラーズの「アントラー」は鹿の枝角のことです。エンブレムはクラブの代表的な色である赤とグレーを半分にして盾型に構成し、盾型の最中に鹿島神宮の鹿をモチーフを採用します。鹿島の代表的な建物は鹿島神宮で、鹿島神宮の鹿のイメージを採用し、枝角は茨城県の茨をイメージしています。盾型の下部に英字でチーム名「KASHIMA Antlers」が記入されます。

鹿島アントラーズのチームカラーは「アントラーズ レッド」ですが、茨城県花のバラと同じ色です。これもサッカーへの燃える情熱の表現と公認されます。鹿島アントラーズは91年2月、日本プロサッカーリーグ——Jリーグに加盟したサッカークラブで、鹿島町(現鹿嶋市)をホームタウンとするチームです。だから鹿島と深い愛情が繋がります。

ちなみに、鹿のモチーフを使用する他の原因は、やはり鹿は皆に愛されているかわいい動物で、そして、戦いの時は、鹿のように鋭い枝角で勝利を目指すという意味もあります。


Leave a Comment

浦和レッズ エンブレムの由来、意味と理念

reds-emblem

浦和レッズ エンブレムの構成モチーフ解読

〇鳳翔閣

鳳翔閣は埼玉師範学校校舎だけではなく、埼玉県のサッカーの発祥地と呼ばれています。鳳翔閣もこのサッカーに親しんでいる都市の歴史のシンボルと公認されています。

〇菱形

菱形は固い結束力のシンボルとなり、このプロサッカークラブ・レッドダイヤモンズもこういう固い結束力を持つべく期待が伝えられます。

〇サクラソウ

サクラソウは埼玉県の花とともに、浦和市の花でもあります。浦和市のプロサッカーチームのエンブレムの上に表示することも期待と光栄を寄せます。

浦和レッズエンブレムの理念

浦和レッズエンブレムの上には「URAWA」「SAITAMA」「RED DIAMONDS」などのチームの英字の他、一番目立つところはエンブレムの最中のボールでしょう。

「皆がボールの周囲に集まり、一つのボールから皆の友情、仲間意識、話題や喜びも生まれる」という理念が伝えます。ボールの周囲の渦はボールを中心に、広がりを強調し、地域の強いチームを目指すだけではなく、日本一になる意識も強く表します。

浦和レッズは、スポーツを通じて世界に向けて浦和市、埼玉県の市のイメージを発信しています。浦和レッズの名前のように、最高のダイヤモンドの輝きを放し、傷つけられない強さと結束力を持つ強いチームに頑張ります。

浦和レッズのエンブレムは、1992年から2001年1月までずっと「ひし形」で、2001年2月に、現在のエンブレムの変更しました。


Leave a Comment