Skip to content

タグ: エンブレムの意味と由来

デンマーク代表 エンブレムの意味と由来

20180111150238

サッカーデンマーク代表はデンマークサッカー協会(DBU)により編成されるデンマークのサッカーのナショナルチームです。デンマークサッカー協会は1889年で設立されました。サッカーデンマーク代表は北欧チームの傑出代表の一つとして、欧州選手権ではしばしばベスト4に入る活躍を見せましたが、最も注目されるのはUEFA EURO ’92での優勝です。2018 FIFAワールドカップは、2次予選でアイルランドに勝利し、2010年以来2大会ぶりの本大会出場を決めました。

デンマーク代表の協会エンブレムはデンマーク伝統の赤と白のコンビネーションをベースとしたデザインしました。丸い協会エンブレムの中は協会の設立時間である「1889」、デンマークサッカー協会のデンマーク語の「Dansk Boldspil-Union」を入りました。エンブレムの中央は協会の略称である「DBU」を配置しています。


Leave a Comment

横浜FC エンブレムの意味と由来

YOKOHAMAFC

横浜FC(よこはまエフシー、Yokohama FC)は、日本の神奈川県横浜市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

横浜FCは企業の資本に頼らない純市民参加型のサッカー・スポーツクラブ作りを目指すという観点で、クラブ運営の核となる任意組織「ソシオ・フリエスタ」を設立した。モデルはスペインのFCバルセロナとされている。同クラブも一般市民から集めた会費を基としてサッカークラブを中心とした様々なスポーツクラブ活動を展開してきた。

横浜FCも創設当初は市民から会員(ソシオ)を募集した。会員は会費をクラブに納める見返りとして、希望者への年間指定席の斡旋の他、試合会場や各種イベントでの運営アシスタント(ボランティア)への登録やクラブ上層部との意見交換会などに出席できる権利を得ることが出来た。


Leave a Comment